2010年10月18日

目で見て覚える4000の英単語

英単語の覚え方は,人によって違います.
恐らく,脳の働きに人それぞれのパターンが有るせいですね.

私などは文で覚えるのが一番楽ですが,覚えることはできるだけ
少ない方がいいという人もいます.

ただ,1つ言えることは,文の有る無しにかかわらず,
 目に見えるものを表す単語は,見ながらだと速い
ということです.

日常英会話を考えると,生活に密着した英単語のほとんどは
目に見えるので,それが使われるシーンに合わせて絵や写真で
見ながらだと,使い方もよくわかり,驚くほどのスピードで
覚えられるものです.

その1つが「ピクチャーディクショナリー」という教材ですが,
このタイプのツールを使う場合のコツは,『覚えよう!』と
意気込まないことです.

むしろ,次々と眺めながら注意をひかれたところで止まる,
という自然な方法が適しています.

そうすれば,いわゆる日常英会話の範囲だけでなく,
歴史や宇宙といった分野の単語も,日本語の場合と同じように
興味にしたがって頭に入っていくのですね.

また,普段の会話に出てくる「位置関係」や「単位」などは
ビジュアルな要素を持つ教材の強みだと思います.これらは
説明だけ読みながら理解しても,なかなか正確に覚えられる
ものではありませんので,実際に見ることはとても役立ちます.


ピクチャーディクショナリーは,CDとフルカラーテキストのセットです.



この記事はお役に立ちましたか?
よろしければお好きな方をクリックしてくださいね.
   ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ 人気ブログランキングへ


posted by Globe at 00:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語学習の本・教材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
英語プラスアルファ=∞のトップへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。