2005年11月02日

人民元の実像にせまる 「人民元と中国経済」

中国の通貨「元」というと「過小評価」「人為的」な
為替相場や「介入」という言葉がついて回ります.米
国はことあるたびにこうして圧力をかけていますが,
本当に元は安すぎるのでしょうか?
本書のメッセージは,中国の経済規模の拡大と米中間
の貿易不均衡を背景とする「元切り上げ論」(実際に
若干ですが実現しましたね)には根拠が乏しいという
ものです.

それを裏付けるために,この本で詳しく説明されてい
るのが,「貿易黒字国中国」の実態です.

中国の「貿易黒字急拡大」は対米に偏っていて,決し
て全世界に対するものではないこと.中国経済は強い
と言われても,実は国内では失業が問題になっており,
脆弱な部分を大きく残していること.経済はいまだに
国有企業と外資系企業に支えられていること.日頃の
新聞ではなかなか見えない事実が次々と出てきます.

何よりも,都市部と農村部の経済・賃金格差が甚だし
いことが一番印象的です.中国は上海や北京だけでは
ないということを,この本は再認識させてくれます.

人民元と中国経済
posted by Globe at 21:38 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍(さまざま) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
http://blog.seesaa.jp/tb/9003897
英語プラスアルファ=∞のトップへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。