2005年10月31日

ニュースと円相場から学ぶ、使える経済学入門

最近,日本の株価が絶好調です.海外からの資金も,
もうかなり前から日本の株式市場に流入しています.
それなのに,為替は円安.新聞では「金利差」をしき
りに強調しています.

為替が難しいのは,例えばある時は米国金利が上がっ
たからドルが買われ,ある時は米金利が上がると米国
株が売られてドルもつれ安になるというように,同じ
材料が売りにも買いにも作用するという,独特の値動
きをするからです.

なぜこうしたこのようなことが起こるのでしょうか,

この本は,身近なファンダメンタルズに基づく為替の
読み方を,モノ,カネ,投機という三つの視点から説
明しています.くせのある為替の動きを理解する筋道
を,著者の説明にそってくりかえしなぞっているうち
に,ニュースを見た時にいくつかの選択肢が頭に浮か
ぶようになるでしょう.

この練習をしないでチャートを追いかけても,いつか
はしごを外されて,途方にくれる時がきます.基本を
しっかり学べる本です.

ニュースと円相場から学ぶ、使える経済学入門
posted by Globe at 02:12 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍(さまざま) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
英語プラスアルファ=∞のトップへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。