2008年02月04日

聖書の謎を解く

「 聖書の謎を解く―誰もがわかる福音書入門」
 (三田誠広 PHP文庫)

最近読んだ本ですが,これは面白いです.
何よりも,私にとっても最大の謎に答を出してくれた
のが嬉しいです.

事細かに書くと長くなるので機会を改めますが,メイン
テーマはタイトルの通り新訳聖書の4つの福音書.
ただし,その前提として知っておくべき旧約聖書のポイ
ントにも触れているので,なぜイエスが現れ死んだのか
というストーリーがこの小さな1冊でつかめます.

まず秀逸なのが,私も跳ね返された「マタイ」冒頭のあの
長い系図の意味を解説して通過させてくれたこと.
次に,どうも納得の行かなかったバプテスマのヨハネと
イエスとの関係を,単に支援者をイエスがヨハネから
奪ったということだと言う解釈.

そして私の最大の謎,つまり最後の晩餐の時にイエスが
ユダの裏切りを「それはあなただ」と予言したのに,なぜ
そこでユダを他の弟子が捕まえず,イエスは死ななければ
ならなかったのかということに,明快な答を出してくれて
います.
要するに有名な「最後の晩餐」の構図がおかしいのです.

ネタバレになるのでこのくらいにしますが、本当に面白い
です.おすすめ.

(ブログ村です)
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

 2WAYショルダーバッグ
 3WAY ストール
posted by Globe at 01:36 | Comment(5) | TrackBack(0) | ニュースと出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
面白そうな本ですね。早速アマゾンで見てみました。
なかみ検索してみると、わかりやすいし、
続きを読みたくさせますね。

この三田さんて何者?と見てみると、
たくさんの興味深い著書のある方なんですね。
日本にいたら、かたっぱしから読んじゃうのに、残念です。
Posted by アンジー☆ at 2008年02月04日 04:26
彼は芥川賞で世に出た作家ですが、本当に一番面白いのは、「深くておいしい小説の書き方」などのワセダ大学小説教室3部作です。
Posted by Globe at 2008年02月04日 18:47
聖書の解説は、謎が謎を呼ぶことになることが多いので
ちっとは、わかる解説を読みたい!
そんな私にいいかもしれないですね。
聖書読書負け犬としては、
ちょっと、光がみえてきましたよ。
Posted by Kuniko at 2008年02月06日 10:27
人間としてのイエスとか、教団としてのキリスト教の成立は自分の中でつながってきます。

その一方で,新約聖書のなかでイエスが起こした奇跡の解明はしていません。
Posted by t-globe at 2008年02月08日 23:36
面白そうですね。
聖書の理解というか解釈というか、
自分なりにすっきりしたいと思っていましたので。
三田氏がそんな本を執筆していたとは、驚きです。
Posted by タッシー at 2008年02月11日 09:10
http://blog.seesaa.jp/tb/95119757
英語プラスアルファ=∞のトップへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。