2007年05月22日

Cathy Matsui

ヤンキースの松井選手とは関係ありません.
内容は英語とは関係ないので,せめてタイトルだけ英語綴り
にしましたが,ゴールドマン・サックスの日本株ストラテジスト
キャシー松井さんという名前はご存じかもしれません.
彼女のインタビューを先週の日経新聞で読みました.

「子どもに投資教育なんて要りません」

日本では投資教育が花盛り.それも大人だけでなく小中学生を
対象に銀行・証券が学校まで出かけて「未来の投資家」を育て
ようとしています.個人を株式市場に誘導したいという政府と
利害がしっかり一致しています.ところが証券会社の一員である
彼女はそれに反対.

「他にいくらでもすることがあります」

それは普通の労働から対価を得る大切さを知ること.そこで
努力・工夫をして他の人より多くの報酬を得るのが本当の
喜びであるべきだと言います.

パソコンをにらんで,どうしたら自分のお金が倍になるか
とじっと考えている子どもの姿は,たしかに不気味です.

アメリカでは大学の教養課程でも投資教育などない」

という彼女は,子ども時代から大学までアメリカに住んで
いましたが,インタビューを通じて,いかにも日本人と
いうさっぱりした印象が残りました.

それから,株式投資の基本に関わる発言がありました.
90年代に低金利になった日本で株式市場に資金が流れず
預金にとどまったのは投資に関する知識不足が原因では,
という質問に対し,

「配当の低い株に魅力がなかったので当然の行動」

明快ですね.株式投資というと値上がり益を考えますが.
むしろ投資理論でも,株式の適正価値は将来にわたって
得られる配当の現在価値として求めるのが基本です.

そういう話はどう考えても子どもには難しいですね.


この記事は参考になりましたか?
人気ブログランキング参加中 ← ここをクリック!
posted by Globe at 00:33 | Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
子供じゃなくても門外漢の私には難しい話です…。その上、
>日本では投資教育が花盛り.…
日本ではそんなことになってるんですか。
Globeさんが上に書いてくださっている『基本』すら
私には初耳ですから、困ったものです。
Posted by アンジー☆ at 2007年05月23日 04:00
いえ,この「基本」は難しいです.
Excelに式を入れれば簡単,と言えばそれまでですが...
日本は株に行く前に,為替の方が簡単に儲かるということに
なっているようです.
(手数料は間違いなく激安です.)
Posted by Globe at 2007年05月23日 23:31
英語プラスアルファ=∞のトップへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。