2006年09月20日

「朝から晩までウソばかり」

"We lied morning, noon and night."
Excerpts: Hungarian 'lies' speech (BBC NEWS)

ハンガリーは暴動で大変なことになっています.
ことの起こりは,4月に行われた総選挙で勝つために首相が「朝から晩までウソをついた」と話している録音テープが,どこからか流出したことです.

このテープを首相自身も本物と認めたので,国民の怒りが一気に爆発しました.

この「朝から晩までウソばかりついていた」を英語にしなさい,と言われるとつい
 "We lied from morning till night."
と考えそうです.

これは文字通りだとちょっと怖いですね.それこそテープレコーダーのようにウソをつき続けている.常識的にはそんなことはないので,この表現でもいいとは思いますが,
やはり
 "We lied morning, noon and night." または
 "We lied in the morning, we lied in the night."(別の記事にありました)
の方が,朝はあちらで,夜はこちらで,という光景が自然に目に浮かぶ感じです.

ちょっとした工夫でとてもビジュアルな表現になると感心しました.
こういうのはやはり,本当の英語から盗んでこないとだめですね.


posted by Globe at 00:09 | Comment(5) | TrackBack(1) | 英語&メールマガジン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ウソ…というとマスメディアってウソばっかりですけどね。
厳密に言えば、ウソじゃないけど、情報を巧みに操作しているというか。
その真偽を見極めるのって大切です。
でも難しいです
Posted by tirolucky at 2006年09月20日 08:34
♪Night and Dayときたら、コール・ポーターの曲なのにね。
ラブソングじゃなくて、「朝も昼も夜も」ウソつき、とはね。
そりゃ、しゃれにもなんないです。
Posted by アンジー☆ at 2006年09月20日 21:38
tiroluckyさん
最初からうそだと思って聞いているのが一番かもしれません.

アンジー☆さん
「ひょうたん島」はご存じなくてもコール・ポーターは(さらに昔なのに)知っている! さすがにアメリカ生活が長いですね.
Posted by Globe at 2006年09月20日 22:20
直訳できないものは多いですね。

そのちょっとの工夫が学習中の身には難しいんです。
ビジュアルになる表現・・・もっと学びたいです^^
Posted by mari at 2006年09月21日 09:09
ふつうのことでさえそうですから、mariさんのように「日本」を英語で伝えようとする時のご苦労は相当なものだと思います。
Posted by t-globe at 2006年09月23日 23:13
ハンガリー暴動 〜地域共同体とナショナリズム〜
Excerpt: いろんなところに出ていた。 アルジャジーラ(カタール): Hungary PM rejects calls to resign BBC(英国): PM's warning to Hungary rio..
Weblog: Irish Mist
Tracked: 2006-09-20 01:27
英語プラスアルファ=∞のトップへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。