2012年10月16日

時差

Tokyo is 14 hours ahead of us.

東京はここより14時間進んでいます。

時差が進んでいるのは、ahead of。
反対に遅れているのは、behind。

では、上の文を、ニューヨークを主語にして
東京の立場で言ってみましょう!

posted by Globe at 13:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 基本単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月14日

up to speed

i'll bring you up to speed,
(それに関する)情報はお知らせします。

bring 人 up to speed は、ある情報について
「…を速度までもっていく」、つまり
keep 人 up to date に近い意味ですね。

ちょっとカッコいい。
posted by Globe at 08:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 基本単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月10日

be bound to

He is bound and determined to win.
彼は断固として勝つつもりだ。

be bound to + 動詞は「〜しなければならない」
つまり be determined to + 動詞と意味はほぼ同じ。

これを重ねることでさらに強めた例ですね。
(NHKラジオ英会話より)



タグ:Bound
posted by Globe at 12:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 基本単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月09日

wind down 終わりに近づく

[英単語] ブログ村キーワード

Climate caucus winds down without new treaty
(USA Today 2011/12/8)

世界の気候が年々変化している...
とまでは明言した,気候の権威が一堂に会する会議(caucus).

何の手も打てないまま幕を閉じようと(wind down)しています.
残念.

posted by Globe at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 基本単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月28日

scores 「たくさん」

Indonesia bridge collapses; 4 dead, scores missing

(USA Today)

scoresは「多数」のことです。
橋の崩壊で死者が出て,行方不明者もたくさんいるという記事.


ところで,有名なリンカーンの「ゲティスバーグの演説」は

 Four score and seven years ago

で始まりますが,この場合の score は「20年」のこと.
つまり「87年前...」という出だしで演説が始まったのです.
posted by Globe at 01:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 基本単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
英語プラスアルファ=∞のトップへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。