スマホでできる英会話トレーニングアプリ

2006年09月03日

Size Doesn't Matter.

Friends protest Pluto's demotion
(USA Today.com 2006/9/2)

国際天文学連合(IAU)の「冥王星(Pluto)は惑星ではない」
という『格下げ』はずいぶん尾を引いているようです.

特に,冥王星を1930年に発見したクライド・トンボーという
科学者を生んだアメリカでは,強い反発は当分の間止みそうに
ありません.

トンボーは冥王星発見の25年後,1955年にニューメキシコ
州立大学に着任し,天文学部を創設した人です.そのため
1日には同大学で今回の決定に対する抗議集会が行なわれた
というのがこの記事.

こういう時,いかにもアメリカ人らしく参加者が揃いのTシャツ
を作って着て来ます.彼らの胸には
 Size Doesn't Matter (大きさは重要ではない)

この matter の使い方を習う時に出てくる典型的な例が
 It doesn't matter. = It is not important.
というものですが,今回のような例を見ると,やはり
 Size Isn't Important
と書くよりもインパクトがあるのを感じます.

be動詞を使った文は何となく弱い,という良い例でしょう.

肯定文でも,例えば
 Safety matters.
と言えば「安全が重要なのだ」とかなり強くなりますが,
 Safety is important.
では「安全は重要です」という感じで迫力不足.

「安全が」と強めたい時にこの matter の使い方に慣れていないと,
たいてい強調構文を使って
 It is safety that is important.
と言うことになります.
これだと,意味は通じても何だかもたついてしまいますね.

こういう時に,センスのいい先生なら強調構文と同時に
「この方が自然だよ」と言って matter の使い方を教えるのかな
と思います.

ところでこのトンボー氏,1948年にニューメキシコ州の自宅前
でUFOを目撃したという声明でも知られています.冥王星の発見
で国民を熱狂させた彼が今度はUFOを見たというのですから,
恐らく「UFOは確かに存在する!」と盛り上がったことでしょう.

この記事は次のような支持者のコメントで締めくくられています.

「クライド・トンボーはアメリカのヒーローだ.これだけでも,
冥王星を一人前の惑星としておくのに十分な理由になる」

そうです.この意気があれば,ディズニーのヒーロー(かな?)
プルートは間違っても格下げなどされないでしょう.


posted by Globe at 03:30 | Comment(13) | TrackBack(0) | 英語&メールマガジン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
数日前のある記事では、
「今ある科学のテキストは全部ごみになってしまう!」…予算がない!
というものや、
「子供達を困惑させる」…これだけだろうか、困惑させる内容って?
というものがあり、
冥王星は、かなり話題になるのね、と思っていました。
この様子ですと、決着はまだつきそうにないですね。
Posted by アンジー at 2006年09月03日 09:02
お久しぶりです。いつもコメントありがとうございます☆
今まで気づきませんでした。is と matterの違いですね。 It does matter も一度聞いたことがあります。英語ってやっぱり楽しいですね☆
Posted by yuriko at 2006年09月03日 09:03
そうなんですか!!私も今まで気づきませんでした。ありがとうございます。
また、コメントもありがとうございます。
Posted by akochan at 2006年09月03日 09:15
ミクシ乱入をおさえたので、ひつこく遊びにきてます。
なるへそ、matterの使い方に納得!
どっかで
Love mattters!
と誰かが言ったのがカッコよかったっす。
私も使ってみたいわぁ〜。ふーむ、これでいきましょ。
Formula matters!
きゃぁ、Mr.Globeの新しい本の宣伝にどおかしら?
たまにはええこといいまっしゃろ。(自我自賛)
Posted by 7706 at 2006年09月03日 11:02
アンジー☆さん
今回の決定に反対する米国のある有力な惑星科学者は,近く
出版されるはずだった太陽系の専門書の原稿の修正を出版社
に求められ,これを拒否して原稿を回収したそうですね.

yurikoさん
声のトーンや表情でカバーできると言っても,やはり最後は
言葉そのもので自分の言いたいことをはっきりさせないと
いけないのでしょうね.そう思うと探求は尽きません.

akochanさん
メールマガジンはたいてい「知らなかった!」「これ,いい!」と
いう印象がその日のトピック選択の動機です.
読者さんと意識はほとんど変わりませんね.

7706さん
そう.この matter は上手く使うとなかなかカッコいいですね.
>Formula matters!
続編書かせてくれたらキャッチにしましょうね.
Posted by t-globe at 2006年09月03日 13:32
冥王星という地球から遠く離れた小さな星が、いまや大脚光を浴びているのですね。
なんだか他に惑星の名前が新たに加わる…というのは保留ですか?
Posted by tirolucky at 2006年09月05日 16:08
最初は加えようという話だったそうです.
ところがそれだと数が増えすぎるので,それらを加えない理由を
作ったら,よく見ると冥王星もそれに該当するので外そう,
という話のようですね.
要するにとばっちりのようなもの.
Posted by Globe at 2006年09月06日 04:31
>よく見ると冥王星もそれに該当するので外そう,
>という話のようですね.
>要するにとばっちりのようなもの.

すみません、これは違います。
「冥王星は惑星とはいえないのでは?」というのは
ずいぶん昔から議論されていたテーマです。

>「クライド・トンボーはアメリカのヒーローだ.これだけでも,
>冥王星を一人前の惑星としておくのに十分な理由になる」

僕なんか、アメリカ人の独善性を感じてしまう
おばかな考えとしか思えないのですが・・・。
Posted by 通りすがりの天文ファン at 2006年09月06日 16:48
失礼しました.
冥王星を外すのは会議の当初の目的ではなかったのですが,
「よく見ると」はちょっと脚色しすぎましたね.

>おばかな考えとしか思えないのですが・・・。

そうですか?
力を持った人が「自由と解放」とか言って他国に踏み込むのは
別として,こういうおおらかさがアメリカの活力を生んでいる
と思いますが.
Posted by Globe at 2006年09月06日 22:15
よこしまな興味で見に来てしまいました(笑)
知的な話題なんですね。さすがGlobeさんです。

よく"Size does matter"というスパムメールが
来るんですよ。中身はだいたい想像がつきます・・・
Posted by 西沢知樹 at 2006年09月08日 18:01
よこしまな興味で来ていただいた方ならではのコメント,どうも
ありがとうございます.

「矮惑星」冥王星にスパムメール転送しますか?
Posted by Globe at 2006年09月09日 08:17
本日の英会話スクールのディスカッションのテーマ、
「冥王星」でした。Globeさんのブログを読んでいたおかげで
とっても話しに入りやすかったです。
ありがとうございますー!!
Posted by 可憐 at 2006年09月12日 23:55
日本語で頭の中にあることとないことでは,英語の出方が
すごく違いますね.
お役に立ててよかったです.
Posted by t-globe at 2006年09月13日 00:05
英語プラスアルファ=∞のトップへ