スマホでできる英会話トレーニングアプリ

2012年10月16日

時差

Tokyo is 14 hours ahead of us.

東京はここより14時間進んでいます。

時差が進んでいるのは、ahead of。
反対に遅れているのは、behind。

では、上の文を、ニューヨークを主語にして
東京の立場で言ってみましょう!

【基本単語の最新記事】
posted by Globe at 13:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 基本単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月15日

recipe

We need to double the recipe.

レシピの量を倍にしなきゃ。

recipeで、その量の意味まで表していますが、
これは double(倍にする)という動詞が
あるので、これで通じるのです。

基本の意味は、あくまで作り方です。

posted by Globe at 08:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | これを英語で言うと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月14日

up to speed

i'll bring you up to speed,
(それに関する)情報はお知らせします。

bring 人 up to speed は、ある情報について
「…を速度までもっていく」、つまり
keep 人 up to date に近い意味ですね。

ちょっとカッコいい。
posted by Globe at 08:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 基本単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月12日

試合の流れ

What a game-changer!

試合の流れが大きく変わりました!

「変えるもの」と名詞で言ってしまうパターン、
英語にはよくありますね。
posted by Globe at 12:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | これを英語で言うと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月10日

be bound to

He is bound and determined to win.
彼は断固として勝つつもりだ。

be bound to + 動詞は「〜しなければならない」
つまり be determined to + 動詞と意味はほぼ同じ。

これを重ねることでさらに強めた例ですね。
(NHKラジオ英会話より)



タグ:Bound
posted by Globe at 12:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 基本単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
英語プラスアルファ=∞のトップへ